ブランド品鑑定士の資格 | ブランド買取の疑問を解決!

  1. ブランド品の鑑定士という資格はあるの??

ブランド品の鑑定士という資格はあるの??

「このお仕事に資格は必要あるの??」
と度々お客様からご質問をいただきます。

実はビックリされるかもしれませんが、
この仕事には免許は必要だけど、資格は必要ないのです。

我々のようにお客様からお品を買取させて頂き販売をさせて頂くショップに必要なのは、古物営業許可証という各都道府県の公安委員会から発行される免許だけなんです。

また、「質預かり」というお品を担保として預かり、その対価をお客様にお貸しする質屋であれば、質屋営業許可証という免許が必要になります。

ブランド品

「ブランド品の鑑定士」ってよく聞くけど、これは資格なの?

メディアや新聞の折込チラシ、雑誌などでもブランドリサイクルのショップが
「鑑定士」という紹介で露出したりしていますよね。

まず結論を言うと、ブランド鑑定士という資格はありません。
(注意:民間の任意団体が独自でそのような資格を設けてる場合もあります。)

また宝石業界にも、ダイヤモンドの4C、宝石用の器具の使い方、ダイヤモンドの歴史・結晶学・採掘方法・類似石・流通・広告、グレーディング実習、鑑別実習等を任意団体(GIA JAPANなど)が行う宝石の鑑別・鑑定のスペシャリスト『宝石鑑定士』の講座、資格試験があります。

古美術の世界でも、自ら画廊や古美術商などを経営し、絵や美術品の価値を見抜くプロとして、
『美術鑑定士』と呼ばれる人たちがいます。

しかし、ルイヴィトンやロレックスなどのブランド鑑定というものは、そのブランドを所有する会社にしかできません。 「鑑定する」ということは、その価値を「保障する」ということになり、ブランドを所有する会社でない限り判断基準・権利はないのです。

確かに最近メディアやチラシ、雑誌などで「ブランド鑑定士」というものをよく目にしたり耳にしますが、
実は勝手に名乗ってるだけなんです。

つまり、ブランド品に関しては「査定」、「目利き」までしか出来ないのです。

もちろん当社をはじめ同業他社(リサイクルショップや質屋など)は、「査定」「目利き」までしかできませんが、ブランドを所有してる会社の判断基準(つまりは鑑定基準)に近づけるよう日々努力しております。